名古屋市の税理士事務所は中野税務会計事務所

独立開業・会社設立・店舗開業・起業・確定申告支援なら中野税務会計事務所まで

よくある疑問・質問

 

 

税理士と会計士の違い

税理士法 第1条(税理士の使命)
  税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。
公認会計士法 第1条(公認会計士の使命)
  公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、
財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、
会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、
もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。
   
税理士と公認会計士は、試験内容、資格・制度の違いはもとより、
内容も本質は異なります。
一般的に、税理士は「税金」の専門家、公認会計士は
「監査・会計」の専門家といわれています。
昨今においては、両者のボーダーレス化が進んでおり、
税理士であっても会計原則は知らなければならないですし、
公認会計士であっても税務を知らなければならなくなっています。
ただ、資本金5億円以上または負債額20億円以上の大企業の場合、
公認会計士による監査を受けることが法律で義務付けられています。
監査業務は公認会計士の業務範囲であり、ほとんどは監査法人が行っています。
中小企業の場合、公認会計士も税理士業務を行っていますので、
専門・得意分野があるにせよ業務内容に大きな変わりはないといえます。

当所HP上にある情報及びブログ内容の取扱いについては、
利用規約・免責事項を参照して下さい。
当サイトの内容及び構成の著作権は、
すべて中野税務会計事務所に帰属します。

よくある疑問・質問

お役立ち情報

業種によって異なる経理事務処理の一例・注意点等、
確定申告や起業、経理事務に関するワンポイント情報を掲載しています。