名古屋市の税理士事務所は中野税務会計事務所

独立開業・会社設立・店舗開業・起業・確定申告支援なら中野税務会計事務所まで

よくある疑問・質問

 

 

会社設立の手続と費用

会社設立の流れ
STEP1 会社の基本事項を決めます。
・商号(会社名)
・目的(事業内容)
・本店所在地(管轄法務局・公証役場が決まります。)
・役員(印鑑証明書の用意)
・資本金(現物出資の有無)
・営業年度
・営業許認可手続きの確認等
STEP2 類似商号の調査は必要なくなりましたが、
商標権の事前調査等が必要な場合があります。
・印鑑証明書の手配
↓発起人・代表取締役等の印鑑証明
・発起人会の開催
↓発起人開催議事録
・印鑑の作成
STEP3 定款等を作成します。
・絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項を記載
STEP4 定款が完成したら、公証役場に行き「認証」してもらいます。
STEP5 資本金準備
・取引する銀行で保管証明書を取得。発起設立の場合、
「残高証明」で大丈夫です。
STEP6 創立総会の開催
STEP7 取締役・監査役の選任
STEP8 法務局にて会社設立登記の申請をします。
↓設立登記申請書・就任承諾書・各種決議書・各種証明書・
印鑑届出書等を作成し、管轄の法務局に登記申請。
  設立登記完了
STEP9 会社設立後の届出等
・銀行(会社名義の口座開設)
・税務署(会社設立届等)
・都道府県税事務所・市区町村役場(会社設立届)
・保健所等関係諸官庁等(営業許認可事業の申請手続き等)
STEP10 事業開始後の届出
・社会保険事務所(健康保険・厚生年金保険加入手続き)
・労働基準監督署(労災保険加入手続き・従業員がいる場合)
・公共職業安定所(雇用保険加入手続き・従業員がいる場合)
会社設立費用 (一般的小規模な会社の例)
法定費用
定款認証手数料等
52,000円
定款印紙代
40,000円
登録免許税
150,000円
謄本等取得費用
4,000円

法定費用合計
246,000円
  電子認証システムにて定款認証の場合、印紙代4万円は不要。
謄本取得費用=
登記事項証明書(@1000円)×3通、印鑑証明書(@500円)×2通分。
(登記完了後)
上記のように、会社設立には多くの税金等(法定費用)が発生します。
登記の際には、会社の代表印が必要になりますので、
会社の各種印鑑等も含めると30万円程度掛かることになります。

当所HP上にある情報及びブログ内容の取扱いについては、
利用規約・免責事項を参照して下さい。
当サイトの内容及び構成の著作権は、
すべて中野税務会計事務所に帰属します。

よくある疑問・質問

お役立ち情報

業種によって異なる経理事務処理の一例・注意点等、
確定申告や起業、経理事務に関するワンポイント情報を掲載しています。