名古屋市の税理士事務所は中野税務会計事務所

独立開業・会社設立・店舗開業・起業・確定申告支援なら中野税務会計事務所まで

よくある疑問・質問

 

 

黒字なのに手元にお金が残らないのはどうして?

黒字なのに手元にお金が残らないのはどうして?
事業をしていると、手元に資金が残っていないのに所得が発生し、
税金の支払い等で資金繰りが困難になる場合があります。
これは、現金の収支≠事業の損益(収支と損益は異なる)であることに起因します。
原因となる主な例を挙げると以下のとおりです。
  @高額の資産購入のケース
    事業年度末に500万円の資産を購入したとすると、
(収支) 現金500万円の減少
(損益) 資産は税務上の耐用年数に応じて月割りで費用計上のため、
耐用年数が長ければ当期の経費になるのは数万円。所得が発生
     
  A売上の未収入金分(売掛金)が多額であり、経費等の支払い(買掛金)は
完了しているケース
    売上1,000万円、売掛金700万円・仕入500万円、買掛金0円
(収支) 現金300万円入金、500万円出金で現金200万円の減少
(損益) 売上1,000万円-仕入500万円で所得500万円発生
  B商品を仕入れたが、在庫が多く残っているケース
    仕入500万円、在庫400万円
(収支) 現金500万円の減少
(損益) 材料等は、使用・販売した時点で経費になるため、
在庫分は経費にならず、経費計上できるのは100万円。所得が発生
  C事業開始後、金融機関等へ借入金の返済をしているケース
    返済額200万円
(収支) 現金200万円の減少
(損益) 借入金の元本返済は経費にならない・借入利息部分のみ経費計上。
所得が発生

上記の場合のいずれも、事業者の手元には資金が残らないのに、所得が発生し
納税しなければなりません。
損をしている訳ではなく、収支と損益の間に期間的なズレが生じるからです。
これらを考慮しながら資金繰り計画をたて、事業をするうえで金銭的な余裕を
生み出す必要があります。

当所HP上にある情報及びブログ内容の取扱いについては、
利用規約・免責事項を参照して下さい。
当サイトの内容及び構成の著作権は、
すべて中野税務会計事務所に帰属します。

よくある疑問・質問

お役立ち情報

業種によって異なる経理事務処理の一例・注意点等、確定申告や起業、経理事務に関するワンポイント情報を掲載しています。