名古屋市の税理士事務所は中野税務会計事務所

独立開業・会社設立・店舗開業・起業・確定申告支援なら中野税務会計事務所まで

名古屋税理士お役立ち情報

 

 

小売業


洋菓子和菓子店・ベーカリー・弁当惣菜店・フラワーショップ・紳士婦人子供服店・
リサイクルショップ・インテリア用品店等

現金管理
  小売業は、比較的現金による入金や出金の多い業種になります。
日々現金出納帳に取引を記録することを心掛け、
注文伝票や納品書・領収書等と符合させながら
売上や経費の計上漏れがないよう注意しましょう。

売上の計上
  売上は、商品の引渡しがあった日に計上することが原則となります。
販売代金の入金又は受取日が売上計上の日ではありませんので、
インターネットでの受注販売・クレジットカードやデビットカードによる
売上・商品券等の受取りによる売上がある場合、決算時に掛売上として計上し、
売上計上漏れのないよう注意する必要があります。

期末在庫
  決算日には、
実地棚卸を行い在庫数量の確認をしなければなりません。
実地棚卸の際、確認しなければならないものは、
店頭商品だけではなく原材料・加工途中の半製品・他所に保管している
製品・包装資材等の貯蔵品も含まれます。
後日でも分かるよう仕入単価や品目別数量を詳細に記録し、
在庫に関する「棚卸表」を作成して大切に保管しておきましょう。

ポイントカードによる値引き販売
  商品の販売にあたりポイント制の金品引換券等を発行している場合、
原則としてその値引き等に相当する金額の取扱いは、
その引き換えのあった日の属する事業年度の経費(損金)となります。

自家消費
  店主やその家族が事業用の商品又は材料を消費した場合、
「自家消費」として売上計上又は仕入原価から控除しなければなりません。
自家消費については、後日消費の量や価格が問題となるケースがあるため、
消費した都度に内容を記録し保存しておく必要があります。

従業員への商品・材料の支給・提供
  原則として商品等の無償支給を受けた者は現物の給与を貰ったことになり、
本人に源泉所得税(給与から差引く所得税)が発生することになります。
自家消費と同様、支給を受けた現物給与額がいくらであったかが
問題となるケースがあるため、支給した都度に内容を記録し
保存しておく必要があります。

パート・アルバイトに関する事務
  従業員に給与を支払う際に差引く税金(源泉所得税)の額は、
その者の雇用期間や雇用形態によって異なります。
給与支払の時期・回数により「源泉徴収税額表」の「月額表」「日額表」、
雇用の形態等により「甲欄」「乙欄」「丙欄」に分類されます。
従業員個々の雇用状況によりどの区分に該当するのかを判断し、
給与を支払う際、税額表に従って所得税を差引くこととなります。

当所HP上にある情報及びブログ内容の取扱いについては、利用規約・免責事項を参照して下さい。
当サイトの内容及び構成の著作権は、すべて中野税務会計事務所に帰属します。

よくある疑問・質問

お役立ち情報

業種によって異なる経理事務処理の一例・注意点等、確定申告や起業、経理事務に関するワンポイント情報を掲載しています。