名古屋市の税理士事務所は中野税務会計事務所

独立開業・会社設立・店舗開業・起業・確定申告支援なら中野税務会計事務所まで

名古屋税理士お役立ち情報

製造業


機械器具製造業・電気機械器具製造業・精密機械器具製造業等

原価計算
  製造業に関する経理を行う場合、
通常「原価計算」を使用して企業の損益を
認識します。
「原価計算」とは、一定の製品製作・用役提供について、
各々原価(費用)を分類・測定・集計・分析して報告する
手続きのことであり、生産に要した費用の会計上の集計方法をいいます。
「原価計算」には、生産のために用いた財の実際の価格を集計する
実際原価計算、標準原価を前もって算定し、それに実際の生産量を掛ける
標準原価計算、固定費を除き変動費だけを集計する直接原価計算があります。
各種製造業を行うにあたり、材料仕入価格や運送費等の変動により、
製品ごとの売上高・製造原価が異なってくるケースが
生じることでしょう。
各製品又は工場別の損益認識による経営改善・税務申告に係る
正確な経理数値把握の為にも、正確な原価計算経理をする必要があります。

製造設備投資に関する税務
  製造設備は一般に高額なため、
税額控除や特別償却(減価償却費の増額計上)・各種助成金の受給等、
制度上の優遇措置を設けられている場合があります。
上記優遇措置に該当する要件は各々異なるため、
要件等をよく確認し活用すべきでしょう。
また、自己で資金調達のうえ設備を購入するのか、
各種リース取引を活用するのかは、
自社の資金調達状況や利率・リース料等支出総額を
比較検討し判断する必要があります。

外国人労働者に対する給与等に係る所得税の源泉徴収
  外国人労働者に対して支払う給与等に関する源泉徴収は、
その者が「居住者」か「非居住者」かによって異なります。
その外国人労働者が「居住者」である場合、
通常の給与所得者と同様に給与等に係る源泉徴収税額を算出して
源泉徴収を行い、その年の最後に年末調整を行う。
これに対し、「非居住者」である場合には、
支払う給与等に対して原則20パーセントの税率による
源泉分離課税のみ行い、所得税の課税関係は
完結することになります。
なお、上記居住者か非居住者かの判定については、
雇用契約内容・パスポート・ビザ等により在留期間等から
総合的に判断することとなります。

当所HP上にある情報及びブログ内容の取扱いについては、利用規約・免責事項を参照して下さい。
当サイトの内容及び構成の著作権は、すべて中野税務会計事務所に帰属します。

よくある疑問・質問

お役立ち情報

業種によって異なる経理事務処理の一例・注意点等、確定申告や起業、経理事務に関するワンポイント情報を掲載しています。