名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

配偶者控除150万円税制改正について

平成30年1月より、税制改正に伴い【配偶者控除額】が103万円から150万円に拡大されます。
【配偶者控除】とは、配偶者の年収額に応じ一定額の所得控除を受けられる、
つまり、配偶者を扶養している分所得を控除(引く)することを言います。



ここで言う配偶者対象者の範囲は、
1.民法上の規定によるいわゆる配偶者である事(内縁関係は不可)
2.納税者と生計を一にしていること
3.年間の合計所得金額が【38万円以下】であること。(給与のみの場合は、改正後150万円以下)
4.青色申告者及び白色申告者の事業専従者として1年間一度も給与支払いを受けてない事
等となります。


平成30年1月からの【配偶者控除額】は、以下の通りです。
【世帯主の年収1,120万円以下の場合】 
配偶者の年収
150万円以下:所得控除額 38万円
155万円以下:所得控除額 36万円
160万円以下:所得控除額 31万円
167万円以下:所得控除額 26万円
175万円以下:所得控除額 21万円
183万円以下:所得控除額 16万円
190万円以下:所得控除額 11万円
197万円以下:所得控除額  6万円
201万円以下:所得控除額  3万円
201万円超:所得控除額    0万円


【世帯主の年収1,170万円以下の場合】 
配偶者の年収
150万円以下:所得控除額 26万円
155万円以下:所得控除額 24万円
160万円以下:所得控除額 21万円
167万円以下:所得控除額 18万円
175万円以下:所得控除額 14万円
183万円以下:所得控除額 11万円
190万円以下:所得控除額  8万円
197万円以下:所得控除額  4万円
201万円以下:所得控除額  2万円
201万円超: 所得控除額   0万円


【世帯主の年収1,220万円以下の場合】 
配偶者の年収
150万円以下:所得控除額 13万円
155万円以下:所得控除額 12万円
160万円以下:所得控除額 11万円
167万円以下:所得控除額  9万円
175万円以下:所得控除額  7万円
183万円以下:所得控除額  6万円
190万円以下:所得控除額  4万円
197万円以下:所得控除額  2万円
201万円以下:所得控除額  1万円
201万円超: 所得控除額   0万円


【世帯主の年収1,220万円超の場合】 
配偶者の年収
150万円以下:所得控除額 0万円
155万円以下:所得控除額 0万円
160万円以下:所得控除額 0万円
167万円以下:所得控除額 0万円
175万円以下:所得控除額 0万円
183万円以下:所得控除額 0万円
190万円以下:所得控除額 0万円
197万円以下:所得控除額 0万円
201万円以下:所得控除額 0万円
201万円超: 所得控除額  0万円


但し、平成29年4月より、
1.1週間あたり決まった労働時間が20時間以上である
2.1ヵ月あたりの決まった賃金が88,000円以上である
3.雇用期間の見込みが1年以上である
4.学生でない
5.従業員数501名以上の企業(特定摘要事業所)の勤務である
6.従業員が数が500名以下の会社での勤務で、社会保険加入を労使で合意がなされている
の要件を満たす場合、配偶者控除とは別に、ご自身で社会保険の加入(扶養からはずれる)することとなり、社会保険料が発生することがございますので、ご注意下さい。

日時:4 13, 2017 PM 02:27
メールでお問い合わせ
Topへ戻る