名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

確定申告後  申告内容に誤りがあった場合

確定申告提出後、申告内容に扶養家族や申告数値に誤りが発覚した場合、申告内容を改める必要があります。 
税額を少なく申告した場合 ’修正申告’、 
多く申告した場合 ’更生の請求’を行い、
認められれば 税金を還付してもらえます。



【申告期限前に誤りが発覚した場合】 
 期限前であれば、’訂正申告’を行うことが出来ます。 手順は、1、確定申告書を作り直す (訂正すべきところのみ訂正) 2、 申告書1枚目に ’訂正申告’と(朱書き) 3、余白に 訂正前の 税額 及び 提出日を記入 4、訂正内容の書類を添付 となります。


【申告期限後に誤りが発覚した場合】 
1、更生の請求: 税金を納め過ぎた場合・ 還付金の過少申請の場合 (過払いの税金の返還請求)
手続きは、’更生の請求書’に 必要事項を記入し、訂正の事実が確認できる書類と共に提出します。 
税務署に認められた場合のみ、過払い分の返還を受けられます。
更生の請求が出来る期間は、原則として 法定申告期限〜5年以内となります。(但し、所得税の期限は、法定申告期限より 1年となります)


2、修正申告: 税金額を少なく申告した場合・ 還付金を多く申告した場合 
手続きは、 ’申告書B 第1表’ ’第5表’ の用紙に 必要事項を記入して 管轄税務署へ提出します。 申告漏れがあった場合には、ペナルティが発生するので、注意して下さい。 
ペナルティも 発覚時によって 内容が違います。


自主的に修正申告を行った場合、 '延滞税’が発生します。 
支払いは、修正申告時に発生した税金 +延滞税(法定納付期限〜完納日が対象期間とし、 新たに納付する税に課せられます。
修正申告を行った日の翌日以内の納付時の税率 7.3% /年  それ以降は、14.6% /年 となります。)


一方、税務調査などで修正申告が発生した場合、 過少申告加算税(修正申告により 新たに納める税金の 10%に相当します。
但し、新たに納める税金が 50万超の場合、 その超える金額分は、15%となります)・ 延滞税(自主申告した場合と同等)・ 重加算税(隠ぺい等の事実が認められた場合、過少申告加算税・無申告加算税ではなく、重加算税に切り替わります。 
税金の 35%相当の額で、 無申告加算税に該当する場合、40%相当の額となります)・無申告加算税(期限後に行った確定申告の場合に課せられます。 納める税金のうち、50万円以下は、15%相当額、 それ以上は、20%相当額となります。但し、自主的に修正申告を行った場合は、5%軽減)  が発生します。


 詳しくは、国税庁HPをご参照下さい。


 

日時:8 25, 2016 PM 02:39
メールでお問い合わせ
Topへ戻る