名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

資料せんとは

この時期(7月あたり)税務署から郵送物で「売上、仕入、リベート、費用に関する資料」が送られてきたが,
何をすればよいのかとの相談が毎年当所に寄せられます。
この資料は「資料せん」と呼ばれるものです。
資料せんには大きく分けて二種類あります。

『一般資料せん』・・・法律によって各企業に提出を求める資料せん
『内部資料せん』・・・税務職員が独自に収集した情報による資料せん
冒頭でお話しした「売上、仕入、リベート、費用に関する資料」は一般資料せんに該当します。
今回はこの一般資料せんと、付随する税務資料についてご説明いたします。


【一般資料せんとは】
一般資料せんとは、国税局又は税務署から各企業に依頼をし、
売上や仕入、外注費や地代家賃等の一定金額以上の取引について、
所定の用紙(郵送されてきた資料)に記入を行い、提出するものです。

提出した資料せんはどのように扱われるのか、と疑問に思われている方も多いと思います。
通常は税務署に届けられた資料せんは、コンピュータに入力されます。

この提出された資料せんのデータは仕入先や得意先の税務調査の際に参考にされたり、
税務調査に持って行って照らし合わせることもあるようです。
つまり、事前に税務調査に協力していると言えます。


【一般資料せんの提出】
以前は税務署から「売上、仕入、リベート、費用に関する資料」が郵送され提出依頼を受けた場合には、
書面での「一般取引資料せん」の作成しなければなりませんでした。
しかし現在は光ディスク等(CD・DVD・FD・MO)によりデータでの作成・提出が可能となりました。
光ディスク等を利用した提出が可能となったことで、多くの資料せんを収録して提出できるようになり、
資料せん作成の負担が軽減されました。

一般取引資料せんのデータ作成の方法は2種類あります。
1.エクセル(簡易様式)・・・1レコードに1取引を記録する方法
2.エクセル(標準様式)・・・1レコードに12取引を記録する方法

各記載方法は国税庁のホームページに掲載されていますので、
こちらを確認の上、作成をおこなってください。

日時:8 3, 2015 PM 04:20
メールでお問い合わせ
Topへ戻る