名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

確定申告所得税等を一時に納付出来ない場合

確定申告の所得税等、国税を一時に納付することが困難な場合、
その国税の納付を猶予(分割して納付)する制度があります。



【換価の猶予】
・事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがある等の一定の要件に該当する場合
  →その国税の納付期限から6カ月以内に、
   所轄の税務署に申請することにより、1年以内の期間に限り、
   換価の猶予が認められる場合があります。


【納税の猶予】
下記の事由により、国税を一時に納付することが困難なときに、
所轄の税務署に申請することにより、1年以内に限り、納税の猶予が認められる場合があります。

1、財産について災害や盗難にあった場合
2、納税者又はその生計を一にする親族などが病気又は負傷した場合
3、事業を廃止又は休止した場合
4、事業上、著しい損害を受けた場合
5、税務調査等で、本来の期限から1年以上経過した後に、修正申告等により納付すべき税額が確定した場合


【猶予が認められた場合】
・猶予期間中の延滞税の一部又は全部が免除されます。
・財産の差押えや売却が猶予されます。


【猶予を受ける際に提出する資料】
1、「換価の猶予申請書」又は「納税の猶予申請書」
2、「財産収支状況書」
3、担保の提供に関する書類
4、納税の猶予の場合、災害等の事実を証する資料


所得税等の国税を納付期限までに納付出来ない場合、
納税義務者本人が猶予制度の申請する必要があるため、
早めに所轄税務署の徴収担当にご相談下さい。

日時:4 10, 2015 PM 04:45
メールでお問い合わせ
Topへ戻る