名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

白色確定申告:事業主の記帳・帳簿の保存1

白色確定申告を選択している個人事業主で、事業又は不動産貸付などを行っている全ての方は、
平成26年1月より、記帳と帳簿書類の保存が必要となっています。
これ以前は白色確定申告を行っている方のうち、
前々年分又は前年分の事業所得等の金額の合計額が
300万円超となる方が記帳や帳簿などの保存制度の対象となっていました。

【記帳・帳簿等の保存制度の対象者】
事業所得、不動産所得、山林所得が発生する業務を行っている全ての方が対象です。
所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方もこの制度の対象者となります。


【記帳する必要がある内容】
収入金額(売上等の金額)や仕入や経費については、以下の事項を記載する必要があります。
・取引の年月日
・売上先や仕入先・支払先の名称及び金額
・日々の売上・仕入・経費の金額など
なおこの記帳は、一つ一つの取引毎ではなくても、日々の売上や仕入・経費の合計金額をまとめて記載する等、
簡便な方法にて記載する形でも良いこととなっています。


【帳簿等で保存が必要となるもの】
上記のように収入金額や経費を記載した帳簿以外にも、受け取った請求書・領収書等、及び
取引に伴い作成した帳簿についての書類を保存する必要があります。


【帳簿や書類の保存の期間】
・法定帳簿(収入金額・経費についてを記載してある帳簿)・・・7年
・任意帳簿(業務の際に作成を行った、法定帳簿以外の帳簿)・・・5年
・決算の際に作成を行った棚卸の表やその他の書類・・・5年
・業務の際に作成を行った、又は受け取った、請求書や納品書、送り状、領収書等


日時:3 23, 2015 PM 04:56
メールでお問い合わせ
Topへ戻る