名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

白色確定申告:事業主の記帳・帳簿の保存2

(2015.3.23 PM 04:56 記事 「白色確定申告:事業主の記帳・帳簿の保存1」の続き)
【簡便な方法による記帳について】
事業所得等が発生する白色確定申告を行う方は、簡便な方法で記帳を行うことが認められます。
その簡便な記帳方法は、以下のとおりです。


【事業所得(一般的な所得)】
1.売上(加工やその他役務給付などの売上と同じ性質をもつ収入金額、又は家事消費等もこれに含まれる)に関する事項については、取引年月日、売上先などの相手、取引金額、日々の売上の合計金額の記載を行いますが、次のような簡易的な方法をとることもできます。
 (1)少額な現金売上の場合・・・日々の売上の合計金額のみを一括記載することができます
 (2)小売や小売りに準ずる現金売上の場合・・・日々の売上の合計金額のみを一括記載することができます
 (3)保存をしている納品書の控え、請求書の控えなどで、取引内容を確認することができる場合・・・日々の売上の合計金額のみを一括記載することができます
 (4)掛売上の取引で保存をしている納品書の控え、請求書の控え等などで、取引内容を確認することができる場合・・・日々の売上の記載を省略して、実際に代金を受け取った際に、「現金売上」として記載する方法をとることができます。その際には、年末時点で売掛金残高の記載を行います。
 (5)時貸しの場合・・・日々の売上の記載を省略して、実際に売上代金を受け取った際に、「現金売上」として記載する方法をとることができます。その際には、年末時点での時貸しの残高の記載を行います。
 (6)棚卸資産について家事消費等があった場合・・・年末時点で、消費等をした棚卸資産を種類別に、家事消費の合計金額を見積もって、その家事消費の合計金額のみを一括で記載する方法をとることができます。


2.上記1に掲げたもの以外の収入については、取引年月日、取引の事由、相手先、取引金額の記載を行いますが、次のような簡易的な方法をとることもできます。
 (1)少額な雑収入等の場合・・・取引の事由毎に、日々の売上の合計金額のみを一括記載することができます。
 (2)現実に入金した時に記載する場合・・・年末時点で雑収入等の未収となっている金額や前受となっている金額の記載を行います。


3.仕入に関する事項については、取引年月日、仕入先などの相手、取引金額、日々の仕入の合計金額の記載を行いますが、次のような簡易的な方法をとることもできます。
 (1)少額な現金仕入の場合・・・日々の仕入の合計金額のみを一括記載することができます
 (2)保存をしている納品書の控え、請求書の控えなどで、取引内容を確認することができる場合・・・日々の仕入の合計金額のみを一括記載することができます
 (3)掛仕入の取引で保存をしている納品書の控え、請求書の控え等などで、取引内容を確認することができる場合・・・日々の仕入の記載を省略して、実際に代金を支払った際に、「現金仕入」として記載する方法をとることができます。その際には、年末時点で買掛金残高の記載を行います。
 (4)時借りの場合・・・日々の仕入の記載を省略して、実際に仕入代金を支払った際に、「現金仕入」として記載する方法をとることができます。その際には、年末時点での時借りの残高の記載を行います。


4.上記3に掲げたもの以外の費用に関する事項については、人件費、外注費、減価償却費、貸倒金、地代家賃、利子割引料、それ以外の経費、と項目別に区分を行い、
取引年月日、取引の事由、相手先、取引金額の記載を行いますが、次のような簡易的な方法をとることもできます。
 (1)少額な費用の場合・・・取引の事由毎に、日々の費用の合計金額のみを一括記載することができます。
 (2)現実に出金した時に記載する場合・・・年末時点で費用の未払いとなっている金額や前払いとなっている金額の記載を行います。

日時:3 31, 2015 PM 05:20
メールでお問い合わせ
Topへ戻る