名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

「YouTuber」の確定申告と税金

 最近、話題となっている「YouTuber(ユーチューバー)」。YouTube上に自己製作の動画をアップして、視聴者が動画再生ページに表示されている広告をクリックしたり、会員制有料視聴サイト又は動画の再生回数に応じて収入を得ている人のことで、継続的な高収入を得ているYouTuberの方もいます。
 では、このYouTuberの方々に確定申告は必要なのでしょうか。
 収入に対する税金は、どうなるのでしょうか。


 税務上、判断するうえで、ユーチューブの動画配信による広告収入は、アフィリエイト収入と仕組みが似ています。 

 実は、税金や確定申告における所得の区分は、自身の状況により下記のように取扱いが異なってきます。

?会社勤めの方(給与所得者)が趣味程度の副業で行う場合の収入は、「雑所得」となり、当該所得が20万円以下の場合、確定申告する必要はありません。

?フリーランスの映像クリエイター若しくは、会社勤めの方(給与所得者)が「対価を得て継続的に」事業として行う場合の収入は、「事業所得」となり、確定申告をする必要があります。

 ここで、自分自身の収入が、事業規模なのかどうか、雑所得になるのか事業所得になるのか、判断に迷われることが多いと思いますが、実際には個別に置かれている状況で総合的に勘案するため、具体的かつ明確な規定等の線引きはありません。

 個人事業主として事業所得となる場合、税務署に「事業開業届」とともに「青色申告の承認申請書」を提出していれば、青色申告の特典(青色申告特別控除や家族専従者に対する給与の経費算入「別途、届出必要」等)を受けることが出来ます。

※所得=収入-経費(パソコン代・サーバー代・書籍代・その他映像制作の為の支出)
※経費に関しては、事業用と私用が混在している場合、客観的な割合で按分し、費用計上する必要があります。

日時:11 8, 2014 PM 12:31
メールでお問い合わせ
Topへ戻る