名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

確定申告:振替納税

2009年分確定申告の振替納税を利用した方を対象に振替納税の注意点を記載いたします。

?振替納税口座の残高確認をしましょう!

預金残高が1円でも足りないと振替ができません。したがって、振替期限の前日までに振替額を振替口座に入金しておく必要があります。
なお、振替当日の入金では振替されませんので、くれぐれもご注意ください。
また、残高不足などで振替ができなかった場合は、本来の納期限までさかのぼってその翌日から延滞税がかかってしまいます。

延滞税は、3月16日から5月15日までの2ヵ月間は年4.3%、それ以降は年14.6%の割合でかかってしまいます。
定期預金の金利をみましても、現在は超低金利時代であるにもかかわらず、延滞税の割合は高金利です。振替額の大きい人は、特に注意してください。

?2009年分確定申告の振替日は4月22日(木)
すでにご存じのとおり、2009年分確定申告の場合、所得税の納期限は、申告期限と同じ3月15日(月)ですが、消費税は3月31日(水)までです。
それに対し、振替納税の手続きをしている人の場合、2009年分確定申告の振替日は、所得税が4月22日(木)に対し、消費税及び地方消費税は4月27日(火)です。
 振替納税は1ケ月前後の遅延納付を合法的に認める制度で、延滞税の計算上、振替日での振替納付を本来の納期限での納付とみなすこととされており、それによって、延滞税が免除されることになっています。


   中野税務会計事務所   名古屋市中区大須の税理士:会社設立・起業・確定申告・経理サポート
  

日時:4 15, 2010 AM 11:24
メールでお問い合わせ
Topへ戻る