名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

禁煙治療の医療費控除

最近、社会的取組みや、病気の予防、健康増進のために禁煙に挑戦する人が増えています。しかし、ニコチン依存症は個人ではなかなか克服できないため、医師による禁煙治療が注目を集めているようです。

ニコチン依存症スクリーニングテストの結果が5点以上で、かつ1日の喫煙本数×喫煙年数が200を超える人はニコチン依存症と判定され、その人に対して医師が必要だと認めた禁煙治療には公的医療保険が適用されます。

 では、所得税の医療費控除についてはどうでしょうか。これについては「肺がんやその他の疾患を患う人が、その治療のため、医師の指示により禁煙治療を受けたのであれば控除の対象となる」(当局)としており、それ以外の理由、たとえば、病気の予防や健康増進のために禁煙治療を受けた場合は、残念ながら医療費として認められず、控除の対象とはなりません。(エヌピー通信社)


   中野税理士事務所   名古屋市中区大須:独立開業・会社設立・店舗開業・起業支援

日時:4 21, 2009 PM 03:01
メールでお問い合わせ
Topへ戻る