名古屋の税理士の最新情報を中野税務会計事務所がお届けします

サイトマップ

名古屋の税理士のブログエントリー

新規開業・企業をお考えの方はこちらからどうぞ 税理士の変更 ブログ メルマガ 携帯電話からのお問い合わせ
ランディングページへ
携帯版サイトはこちら

携帯版専用サイトはこちら

消費税課税事業者届出書

 事業者の基準期間における課税売上高が1,000万円を超えたことにより、その課税期間について消費税の納税義務が免除されない場合、速やかに提出することとされています。

・基準期間とは...個人事業者の場合、その年の前々年。法人の場合、原則としてその事業年度の前々事業年度(基準期間となる期間は、必ずしも12ヶ月とは限りません。法人の場合には、この期間の課税売上高を1年に換算計算する必要があります)

・課税期間とは...個人事業者の場合、1月1日から12月31日までの期間、法人の場合、事業年度内の期間

※上記は、一般的な場合の表記となります。
消費税の各種手続き・届出書は、特に数値による比較検討を要したり、厳密な提出期限のある場合が多く、事前の注意及び確認が必要になります。


   中野税理士事務所  名古屋市中区:独立開業・会社設立・店舗開業・起業支援

日時:9 4, 2008 AM 10:29
メールでお問い合わせ
Topへ戻る